赤ちゃんがインフルエンザに!薬はどうやって飲ませる?

高熱と頭痛や倦怠感が現れるインフルエンザ。赤ちゃんに元気がなく不機嫌になったりミルクを飲まなくなると心配ですよね。早く症状を和らげてあげたいけどどうすればいいの?ここではインフルエンザの症状と薬の飲ませ方についてお伝えします。

インフルエンザの症状

風邪との違いは急激に38~40度の高熱が出ることです。また、くしゃみ、鼻づまり、咳などの症状のほかに筋肉痛、倦怠感などの全身症状を伴います。夜間であっても高熱のみでミルクを飲むようであれば朝まで待ってもよいですが、けいれんを起こしたり意識障害がある場合はすぐに病院に連れていきましょう。母乳育児の場合、生後3か月頃まではママから免疫をもらうため病気になりにくいですが、インフルエンザは感染する可能性があります。

薬(タミフル)の飲ませ方

タミフルは抗インフルエンザ薬です。従来、1歳未満の乳児へタミフルの投与は許可されていませんでしたが、2016年11月24日より使えるようになりました。新生児でもOKです。うちの子も7ヶ月の時インフルエンザにかかりましたが、やはりタミフル(ドライシロップ=粉)が処方されました。処方されたとき、苦いからどうしても飲まなかったら明日またきてと言われました…インフルエンザなのに連日外出したくないなと思いなんとか飲んでもらおうと飲ませ方を調べました。

水に溶かす

普通の飲ませ方ですが無難な飲ませ方です。

甘いものに混ぜる

甘いもの、といってもなんでも言いわけではありません。水よりも苦味を感じてしまう場合があるので気を付けましょう。

  • 苦味を感じてしまうもの:りんごジュース、乳酸飲料、バニラアイス
  • 苦味が感じにくくなるもの:チョコアイス、ヨーグルト、ココア、オレンジジュース、スポーツドリンク

りんごジュースなんて飲ませやすそうですよね…調べていなかったら確実に飲ませていました(^^; 友人の話を聞いてみるとチョコはかなり飲みやすくなるみたいです。「お薬飲めたね」もチョコ味ですしね!うちの子はバナナと一緒だったら食べられました!バナナはレンジでチンするとかなり甘くなるので苦味が紛れたようです!

まとめ

インフルエンザが流行しているときは外出しないのが一番ですが、全く外にでないのも難しいですよね。病院からはベビーカーより抱っこ紐の方がいいと言われました。ベビーカーは赤ちゃんが低いところにいるので、くしゃみなどの飛沫を浴びやすくなるそうです。また、インフルエンザウイルスは湿度に弱いので、湿度を50~60%に保つようにするといいと思います。家族の一人がかかってしまうと一家全滅…なんてことになりかねないので、まずはパパママがかからないように気を付けましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です