赤ちゃんと犬を遊ばせる時に気を付けることは?

犬が赤ちゃんをあやしている動画はとっても癒されますよね。我が家には2歳の柴犬(♂)がいるので赤ちゃんと遊ばせてみたいのですが、感染症とか怖いし噛まれたりしたら大変。。と重いなかなか触らせることも躊躇してしまっています。そこで、赤ちゃんと犬を遊ばせるにあたり注意することを調べてみました。自宅や実家に犬がいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

感染症やアレルギーに気を付ける

実は抱っこで犬に近づけた際に目を舐められてしまい、直後からまぶたが腫れたことがありました。1日で治まったのでよかったのですがドキドキしました。犬の口には細菌がたくさんいますので、できるだけ舐めさせないように、もし舐められてもすぐ拭けるように準備し、常に見ておくことが必要だと思います。もちろん自分が犬に触ったあとは手を洗いましょう!大人は平気でも抵抗力の弱い赤ちゃんは感染症を発症することがあります。

また、犬の毛などに過剰反応して犬アレルギーになってしまう赤ちゃんがいます。どんなに掃除してもお部屋の中に毛は残ってしまいますよね。1ケ月健診の時に小児科の先生に相談したのですが、今何もないなら大丈夫でしょうと言われました。ですが今後アレルギーになってしまう可能性もあるのでできるだけ毛やホコリが残らないよう毎日掃除し、空気清浄機を置いています。

犬のメンタルケアをする

初めて赤ちゃんが産まれた家族は、犬にとってパパ・ママを取られてしまったような気持ちになることもあるようです。赤ちゃんに嫉妬してイタズラをしたり無駄吠えや粗相をしてしまうことがあります。赤ちゃんのお世話で大変ですが、犬とのスキンシップも変わらずにしてあげないといけませんね!

まとめ

せっかく犬がいるのなら赤ちゃんと触れ合って優しさなどを学んでほしいですよね。犬が遊んでくれればママもちょっと休憩できますし…笑 うちはちょっと犬を放置してしまっているので、、構ってあげて落ち着いたら徐々に近くに寄らせてみようかなと思います!そのときはまたレポートします!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です