ベビー公文てどうなの?入会してみました

ベビー公文に入会してみました。理由は「暇だから」です!赤ちゃんのお世話と家事はしているものの1日中忙しいことってなかなかないです。予定がない日の午後なんてやることないけど赤ちゃんが起きていると昼寝もできません。外に出るといっても児童館か買い物くらいで正直マンネリ化していました。そこでいい刺激になるかなと思って半ば勢いで入会しました。今回はベビー公文の体験と、入会後2回、計3回通ったのでレポートしたいと思います。

まずは無料体験!

ベビー公文は年4回、それぞれ1ケ月程度の無料体験期間があります。実際に通うことになる教室に行き、先生と話すことができます。先生によって方針がかなり違いますので、無料体験とは別に訪問して先生と話してみるのもいいと思います。

申込

無料体験の申込は、公式サイトの申込フォームから行います。フォーム送信後、教室の先生からメールor電話連絡があるので日程調整をしたら申込完了です!

体験内容

全ての教室がそうかはわからないのですが、私が通っている教室ではベビー公文は普通の公文の前にやっています。なので他の子供はいないです。時間は40分で、ベビー公文の目的などを説明してくれます。といってもほとんど雑談みたいな感じでした(^^; 赤ちゃんとの関わり方や発達について教えてくれるのはもちろんなのですが、周りに親戚や話せる人がいなくて、誰かに話を聞いてもらいたい人が多いそうです。

体験用の教材がもらえるのと、ベビー公文の絵本を貸してくれます。入会すれば絵本はもらえます!絵本の内容は1歳~2歳向けかな?と思われましたが、うちの子は喜んで見ていました♪

入会後は何をする?

1ケ月に1回、教室に通うことになります。内容は基本的には変わらず先生とのお話しが中心です。また、新しい教材をもらえます。初回で「連絡ノート」という本がもらえるので公文の教材でやってみたことやできるようになったことを書いていき、それを中心に話すことになると思います。こちらは親の負担にならない程度に書けばいいそうなので、気楽ですよ。他にも数字が苦手にならない方法や、言葉を覚えやすい方法などのアドバイスをしてくれます。別に天才児にしたいわけではないですが、自分ではなかなか思いつかないのでやってみようかなという気になります。

料金は月2,160円(税込)です。これを安いとみるか高いとみるかは人によると思いますが、私は親戚や友達以外の人の話を聞いてみるのもいいかなと思い入会しました。

まとめ

体験も含めベビー公文に3回通ったのでレポートしてみました。さすがにまだ効果はわかりませんが、気になった方は無料体験をしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です