登戸通り魔事件の犯人は警察官か?犯行動機はカリタス小への恨み

28日午前7時46分ごろ、川崎市登戸駅付近で、スクールバスを待っていた小学生と大人合わせて18人が刺されたという衝撃的な事件が発生しました。

心配停止状態だった小学6年生の女児と、30代の男性が亡くなったとのことです。

犯人は自ら首を刺し死亡したという情報も入っていますが、今回は犯人像と犯行動機について詳しく追っていきたいと思います。

スポンサーリンク

登戸駅付近で通り魔事件

メディア各局が以下のニュースを報じています。

28日午前7時45分ごろ、川崎市多摩区登戸新町で「路上で小学生が刺された」と119番通報があった。神奈川県警によると、小学6年生の女児と39歳の男性が死亡、十数人が負傷し、小学生2人と40代の女性の計3人が重傷。負傷者のうち、10人ほどが小学生の女児という。

県警によると、30~50代くらいの男が現場付近で倒れており、この男が刺した疑いがあるとみて捜査。男は病院に搬送されたが、死亡した。自ら首を刺したとみられる。県警は現場近くで凶器とみられる包丁2本を発見した。

 現場は、JRと小田急の登戸駅の西約250メートルの住宅街。付近の複数の住民によると、現場は同区にある私立「カリタス小学校」のスクールバスが止まるバス停付近だという。

引用:朝日新聞デジタル

登戸でカリタス小の生徒が刺される!犯人の名前や顔画像、犯行現場も

2019.05.28

犯人の50代の男とは?

現在わかっている犯人の男の情報をまとめました。

  • 年齢:51歳
  • 風貌:坊主、大柄
  • 住所:神奈川県川崎市多摩区(登戸駅から約4km)

犯人の男は両手に刃物を両手に刃物を持ち、次々と小学生らを傷つけていきました。

犯人を目撃した人の情報によると、男は坊主頭で大柄だったということです。

小学生といえど逃げたり暴れたりしている子供たちの首や胸を狙うということは、刃物の扱いを知っている警察官や自衛官、もしくは暴力団関係者である可能性があります

スポンサーリンク

犯行動機はカリタス小への恨みか?

犯行動機は一体なんなのでしょうか?

https://twitter.com/OBtarooooccaas2/status/1133218045575385088

報道によると、犯人の男は刃物を振り回しながら、バス停付近の路上で「ぶっ殺してやる」と騒いでいたそうです。

本当に誰でもいいのであれば、駅付近にはたくさんの人が歩いていますから、大人も含めて襲っているはずです。

しかし、あえてスクールバスを待つ子供たちを狙ったということは、カリタス小学校へなんらかの恨みがあった可能性は高いです。

まとめ

登戸通り魔事件の犯人像と犯行動機について詳しくみていきました。

犯人は死亡していますので真相は分からず、被害にあわれた方や遺族の方は悔しい思いでいっぱいだと思います。

亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、警察の捜査で少しでも真相がわかることを願います。

登戸でカリタス小の生徒が刺される!犯人の名前や顔画像、犯行現場も

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です