佐藤浩市、安倍首相を揶揄して炎上!芸能界追放の危機!

俳優の佐藤浩市さんが問題発言をしたとして大炎上しています。

きっかけは佐藤浩市さんが出演する映画「空母いぶき」についてのインタビュー内容が不適切だというもの。

佐藤浩市さんの発言に対し、有名作家の百田尚樹氏や幻冬舎社長の見城徹氏も大激怒のコメントをツイートしています。

問題の発言内容と共に、あまりにも炎上しているため佐藤浩市さんの今後の活動への影響についてもみていきたいと思います。

スポンサーリンク

佐藤浩市、安倍首相を揶揄して炎上!

問題の発言はビッグコミックに掲載

佐藤浩市さんのインタビューは5月10日発売のビッグコミック10号に掲載されました。

5月24日に公開される、かわぐちかいじ原作による「空母いぶき」の特集号として発売されています。

「空母いぶき」とは、近未来の日本を舞台に専守防衛の自衛隊が初めて航空母艦を持った世界を描く軍事ドラマで、佐藤浩市さんは総理大臣・垂水慶一郎役を演じました。

そしてこちらが問題のインタビュー内容です。

「最初は絶対やりたくないと思いました(笑)。いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残っているんですね。」

「彼(首相)はストレスに弱くて、すぐにお腹を下してしまうっていう設定にしてもらったんです。だからトイレのシーンでは個室から出てきます。」

絶対やりたくないとか、役者にあるまじきコメントにびっくりです…

また、安倍首相の持病「潰瘍性大腸炎」を揶揄するようなコメントも大バッシングされています。

ちなみに潰瘍性大腸炎は原因不明の指定難病で、たくさんの人が苦しんでいる病気です。

佐藤さんがそこまで理解された上での発言だったのか、気になるところです。

ネットで非難の嵐!百田尚樹・見城徹も大激怒

雑誌が発売されるやいなや、Twitterでは非難の声が続出しました。

有名作家の百田尚樹氏や幻冬舎社長の見城徹氏も怒りのツイートをしています。

かなりお怒りで、「絶対みない」と断言しています。

一方、見城徹氏は冷静に分析しつつもかなり残念な様子。

もともと佐藤浩市さんのファンだったようですので、こういった発言はとても残念だったのでしょう。百田尚樹氏と同じように「みたくない」と言っています。

原作では首相は中国軍から日本を守る自衛隊最高司令官として立派に描かれていることから、佐藤さんの首相嫌いからくる要求によって変わってしまったことに我慢ならないようです。

スポンサーリンク

 

佐藤浩市の今後の活動への影響は?芸能界追放の危機!?

大御所の作家や出版社社長に嫌われてしまった佐藤浩市さん。

これだけ炎上してしまうとは本人も予想だにしていなかったと思いますが、今後の芸能活動への影響は少なからずあると予想されます。

ここまで好感度が下がってしまうと、現在出演しているCMの降板は免れないのではないでしょうか。

現在出演中のCMは「伊藤園(綾鷹)」「キャノン」「三井住友信託銀行」の3本です。

また、今後ドラマや映画への出演オファーも激減してしまうかもしれません。

まとめ

おそらく佐藤さんは揶揄する気持ちとかはなく、首相にどれだけストレスがかかっているかを分かりやすく表現するためにお腹が弱い設定にした、みたいなことを言いたかったのかなと思います。

ただ、わざわざインタビューで話すほどの内容ではないかなと感じますし、「僕らの世代」とひとくくりにしてマイナス発言をしたことについては問題かと思います。

今回の発言について、佐藤さんがメディアで謝罪することがあるのか、今後の報道に注目しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です