帝王切開での入院準備!あると便利なものを紹介!

帝王切開で入院することになった場合、一般的な出産準備品と同じでいいのかわからないですよね。私はお産セットとして分娩用品を一式用意してくれる産院だったのでほとんど準備していかなったのですが、足りないものが多くて困りました…。今回は帝王切開で入院するとき必要なものやあると便利なものをご紹介します。赤ちゃんのお世話と身体の快復に向けてしっかり準備していきましょう!

経膣分娩と共通して必要なもの

産院で用意してくれる場合もありますが、以下のものが必要です。

  • 母子手帳
  • 健康保険証、診察券
  • 印鑑
  • その他書類(誓約書など)
  • 洗面用具(コップ、歯ブラシ、ヘアブラシなど)
  • パジャマ(前開き必須)
  • バスタオル、フェイスタオル
  • 産褥ショーツ
  • 授乳ブラ
  • スリッパ
  • 腹帯
  • ティッシュ
  • 母乳パッド
  • 生理用ナプキン
  • 退院時の服(赤ちゃん・ママ用)
  • 携帯の充電器

帝王切開ならでは!あると便利なもの

帝王切開の場合、入院期間が少し長くなり、かつ出産後2,3日はまともに動けないため以下のようなものがあると便利です。

S字フック

ベッドの柵にひっかけて使えるので何かと便利です。産後はほぼ寝たきりなので、ベッドのリクライニングをするリモコンが取りにくいところにあったりするとつらいです。手元にかけておくといいですよ。小さいバッグをかけて貴重品など入れてもいいと思います。

ドライシャンプー、洗顔シート

シャワーを浴びることができるのは抜糸してからなので、産後4,5日かかります。当然頭を洗うことできないので、かなり気持ち悪い思いをします…私は持っていかなかったので、授乳室でほかのママさんにペタペタの髪を見られるのが恥ずかしかったです。顔は洗面台でかろうじて洗えますが、かがむのがつらいので洗顔シートがあると便利です。

リップクリーム、化粧水

季節によっては1日中エアコンをつけているためかなり乾燥します。お肌や唇が乾燥しないよう持っていくのがおすすめです。

着圧ソックス

帝王切開は足がむくみやすいので、あるとすっきりします。病院でもらえるかもしれませんが、もらえてもおそらく一足分なので替えがあったほうがいいです。私は3日目くらいで痒くなって脱いでしまいました。。

爪切り

7日~10日間ほど入院するので爪が伸びます。授乳の時赤ちゃんを傷つけてしまわないように持っていくといいでしょう。

本などの暇つぶしグッズ

赤ちゃんのお世話が始まったら暇なんてないですが、安静にしている時はやることがありませんので、邪魔にならないような暇つぶしグッズが一つあるといいでしょう。

まとめ

帝王切開の時にあると便利なものをご紹介しました!術後は全く動けないのでとにかく必要なものが手元にある状態にするのがおすすめです。何か取ろうとするたびにナースコールは押しづらいですから(^^;

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です